絵画・美術品・茶道具・和服の買取専門店

あおき美術株式会社

池田瓢阿さんの籠花入を買取いたしました。利休所持の魚籠写しで、本歌は利休から細川三齋に渡り、近代では益田鈍翁が所持したことで有名です。ふっくらした胴と大きく開いた口をして、大らかで動きのある健康的な雰囲気がする作品です。素朴で野趣に富んだ魅力は魚籠よりの見立てならではですね、後ろには掛け金具もついており、掛け花としても使用できるようになっています。

池田瓢阿 – 初代が益田鈍翁の依頼により遠州所持「瓢籠」を写し、その出来栄えから「瓢阿」の号を賜わる。その後二代も鈍翁より薫陶を受け名物籠の写し制作など竹芸家として活躍しました。現在は三代となり籠、竹花入、茶杓など、茶道具を中心に人気作家の一人として制作なさっています。