絵画・美術品・茶道具・和服の買取専門店

あおき美術株式会社

日本の自然をこよなく愛した近代日本画の巨匠、川合玉堂。数多くの風景画を描いた川合玉堂の作品には、里山、渓流など人と自然の共存をテーマにしたような心温まる題材が多くみられます。14歳で京都の日本画家望月玉泉に学び、のちには円山派の幸野楳嶺に師事しその才能を大きく伸ばしました。その後23歳で東京に移り、橋本雅邦に狩野派を学び、円山四条派と狩野派を見事に融和させたと評価されます。その作品は、四季が織りなす美しい日本の自然を情趣豊かに、かつ写実的に描き、川合玉堂独自の境地を開きました。
また、経歴としては東京美術学校教授、帝国芸術院会員など歴任し、昭和15年文化勲章を受章。そして昭和32年没、勲一等旭日大綬章を受賞しました。
査定につきましては、「箱」「箱書き」があるかどうかが真贋の鑑定や判断材料となる場合があり高価買取のポイントとなります。川合玉堂の作品は需要も高く、当社でも特に力を入れて高価買取させて頂いています。

川合玉堂の高価買取ならこはく堂にお任せください。売却のご相談は info@kohakudo.jp または[お問い合わせフォーム]より受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。ご不要になったお掛軸を高価買取させていただきます。